Omitir navegación
Ampliar
パートナーのアクセス許可
ID de respuesta 10163   |   Revisado 24/06/2020

パートナーはどのようにしてクライアント/顧客サービスのリクエストにアクセスして管理できますか?

環境:

顧客サイトへのアクセスを要求するパートナー
Oracle B2C Serviceサポートポータル-cx.rightnow.com

解決策:

パートナーの場合は、クライアント/顧客から組織内の自分や他のユーザーのアクセス許可を要求できます。 パートナー権限を使用すると、クライアント/顧客のためにサービスリクエストを表示、更新、作成することができます。

(クライアント/顧客がサービス要求を管理するためのパートナパーミッションを与える方法については、 パートナーにサービスリクエストを管理する権限を与える をご参照ください.)

パートナ権限をリクエストするには:

cx-jp.custhelp.com/app/partner/my_customers にアクセスするか、個人用サイトツールまたは個人用アカウントのページで "My Customers"のリンクに従ってください。 自分自身や特定の個人、組織内の全員に権限を要求することができます。

注:組織と個人の両方の権限を要求することができます。 個々のアクセス許可は、組織のアクセス許可より前に常に考慮されます。 たとえば、組織の「ルック」権限を要求することはできますが、チームのプロジェクトリーダーの「管理者」権限を要求することができます。

Submitting a request for permissions from one of your customers:

  1. My Customers ページで、「Request New Access」をクリックします。

  2. 連絡先マネージャーの電子メールアドレスをクライアント/顧客組織に入力します。

  3. 有効期限(有効期限が切れるまでの日)を選択します。

  4. 1つ以上の個人の権限レベルを選択するには、組織全体の権限レベルのラジオボタンを選択するか、「自分または組織内のユーザー」をクリックします。
    -- 以下の各アクセス許可レベルの完全な説明を参照してください。

  5. リクエストを送信する


クライアント/顧客はリクエストの通知を受け取りますが、組織の連絡先マネージャーは My Partnersページにアクセスしてリクエストを承認することができます。

承認されると、My Customersページに現在の権限が表示されます。 許可レベルが十分に高い場合、クライアント/顧客のためにサービスリクエストが提出されたときに通知を受け取るために購読するオプションがあります。 このサブスクリプションはあなただけのためのものです(サブスクリプションは組織内の他の人に通知を送信しません)。また、いつでもプリファレンスを変更できます。 ユーザーのアクセス許可レベルが十分高い場合は、クライアント/顧客のサポートエクスペリエンスダッシュボードを表示することもできます。


アクセス許可レベルまたは有効期限の変更をリクエストするには
、お客様のクライアント/顧客からもう一度「新規アクセスのリクエスト」をクリックしてください。 


使用可能な権限は次のとおりです:

  • CC - 選択したサービスリクエストに対して読み取り専用の可視性を提供します。 個々のサービスリクエストは、「サービスリクエストの更新」ページから1回限りで関連付けられますが、この組織に代わってサービスリクエストを送信するアクセス権限はありません。

  • Look - お客様のすべてのサービスリクエストに対する読み取り専用の可視性を提供します。 これにより、クライアント/顧客のサイトの通知をサポートするようになります。*この組織に代わってサービスリクエストを提出するアクセス権限はありません。

  • Update - お客様に代わってサービスリクエストを表示および更新する機能を提供します。 これにより、クライアント/顧客のサイトの通知をサポートするようになります。*サービスリクエストの送信にはアクセスできません。

  • Create - クライアント/顧客のサービス要求を作成する機能を提供します。 これにより、クライアント/顧客のサイトのシステム通知にも追加されます。*

  • サービスAdmin (previously Admin) - クライアント/顧客のサイトを管理することができます。 これにより、クライアント/顧客の組織からのプライマリ・サポート・コンタクト(通常、隠された構成の変更、サイトの削除、アクセス要求など)からOracle B2C Serviceにリクエストする必要があります。 注:サードパーティのアップグレード管理はまだサポートされていません。

  • 完全な管理- クライアント/顧客のサイトを管理し、彼らの組織の連絡先を管理する許可を与えます。 これにより、通常はお客様の組織のプライマリサポート連絡先からのリクエストであるOracle B2C Serviceへのリクエスト(構成の変更、サイトの削除、アクセスリクエストなど)が可能になります。 顧客の組織の連絡先を管理する権限があります。 注:サードパーティの更新管理はまだサポートされていません。


Ask A Questionページ: Createまたはサービス管理者または完全管理者権限が付与されている場合は、Ask A Questionページでクライアント/顧客の代わりにサービスリクエストを作成できます 。フォームの上に、異なる組織を選択するためのドロップダウンリストがあることに注意してください。あなた自身の組織のテクニカルサポートの連絡先であれば、あなたの組織がリストの最初に表示されます。 「更新」レベルの権限を持つパートナーは、「私はこのリクエストの連絡窓口」にチェックを入れずにドロップダウンリストから適切な個人を選択することで、このフォームのサービスリクエストの連絡先の主要なポイントにすることができます。

パートナーは、サービスリクエストに使用するタイムゾーンを選択できます。 これは、顧客組織に提出していて、主要連絡先として提出している場合にのみ表示されます。 タイムゾーンは、お客様の組織の連絡先が使用するタイムゾーンです。 自分のタイムゾーンが間違っていることに気付いた場合は、タイムゾーンをクリックして変更してください。

Service Request Updateページ:「Service Request Update(サービスリクエストの更新)」ページから、任意の権限レベルのパートナーをサービスリクエストの追加連絡先として追加することができます。 「このリクエストに他の連絡先を追加」の下にある最初のドロップダウンメニューから「既存の連絡先」を選択し、クライアント/顧客連絡先の下の2番目のドロップダウンメニューにパートナーが表示されていることを確認します。権限レベルが少なくとも「更新」レベルである場合、このパートナーはサービスリクエストの主要な連絡先になることがあります。

Service Request Historyページ:「My Requests」を表示すると、どの顧客に提出されたかにかかわらず、すべてのサービスリクエストが表示されます。検索バーでドロップダウンメニューを切り替えると、すべてのクライアント/顧客組織が選択可能になります。このリストからクライアント/顧客を選択すると、サービスリクエスト履歴レポートがフィルタリングされます。

お客様の組織の連絡先記録を既に持っているパートナーの場合:多くのお客様が、各パートナー組織で作成された個別の連絡先を使用して顧客のサービスリクエストを管理しています。これからは、お客様が適切な権限を与えられている限り、自分の組織の連絡先レコードからこれらの「ダミー連絡先」が所有するサービス要求を管理して表示することができます。

パートナーポータル機能のデモンストレーションについては、Partner Portal Previewを参照してください。

Lenguajes disponibles para esta Respuesta:

Notificarme
La página se refrescará al enviar. Las entradas pendientes se perderán.