Omitir navegación
Ampliar
Oracle Cloudを「マイ・アカウント」および「マイ・サービス」にログインしてナビゲートすると、Oracle B2C Service Configuration Assistantにアクセスできます
ID de respuesta 10477   |   Revisado 27/11/2018

Oracle Cloudにログインし、Oracle B2C Service Configuration Assistant(「Oracle B2C Serviceへようこそ」の電子メールに記載されているとおりに)にナビゲートするにはどうすればよいですか。

環境:

Oracle Cloud Portal /マイ・アカウント/マイ・サービス/コンフィギュレーション・アシスタント/アカウント管理者/アイデンティティ・ドメイン管理者/サービス管理者

解決策:

これは、アカウント管理者サービス管理者、およびアイデンティティ・ドメイン管理者として最初に割り当てられたときに、Oracle B2C Service顧客への「Oracleサービス・クラウドへようこそ」電子メールで送信されるコンテンツです。


OSvCソリューションを選択していただき、Oracle B2C Service(OSvC)のテクニカルサポートチームは心より感謝しております。 当社の製品チームとトラブルシューティングの専門家は、あなたとあなたのチームと協力して投資を最大限に活用することを期待しております。お役にたつために、我々は成功と強く相関しているいくつかの基礎をあなたに紹介したいと思います。

このレターは、予備のOracle Cloud電子メールで提供される資格証明を参照しています。 記録のために二つの電子メールを保持してください。 Oracle Cloudの電子メールを受信していない場合は、サービス要求を提出していただき、こちらより再送信いたします。

カスタマ・サポートには、Oracleサービスのさまざまな分野をカバーする2つのサポート・ポータルがあります。
関連するナレッジベースの記事および情報提供者は、両方のポータル内に製品エリアのニーズに応じて配置されています。

1. support.oracle.comのMy Oracle Support(MOS)は、お客様固有のカスタマー・サポートIDを登録する場所です。

注意:My Oracle Supportにお問い合わせの際には、予備のOracle Cloud電子メールのCustomer Support Identifier(CSI)番号を使用してください。
Oracle SSOのユーザー名とパスワードでMOSにサインインします。

2. cx.rightnow.comOracle B2C Service(Oracle RightNow)サポートは、OSVCソフトウェアに必要な情報とサポートにアクセスするための場所です。

**初めてログインするには、以下の手順に従ってください。**
ステップ1:cx.rightnow.comにアクセスしてください
ステップ2:「ログイン」リンクを選択します。
ステップ3:この電子メールを受信した電子メールアドレスを「電子メールアドレス」フィールドに入力します。
ステップ4:「私のユーザー名をメールで送信」ボタンをクリックします。 あなたは、指示に従う電子メールを受け取ります。
ステップ5:cx.rightnow.comの「ログイン」リンクに戻り、新しいユーザー名を入力して「パスワードのリセット」リンクをクリックします。
ステップ6:電子メールが届きます。 この電子メールのリンクに従ってください。
ステップ7:マイアカウント>「連絡先情報」>「プロフィール」にサインインしてサポートプロフィールを記入します。
手順8:最上部のメニューバーの[サポート]を選択して、ナレッジベース、OSvC入門、およびサービスリクエストの送信方法に関する情報にアクセスします。

Service Cloudサポートアカウントが作成されたので、最初に、連絡先管理ツールを使用してサポートに連絡する人があなたの組織に追加されることを確保します。あなた自身またはManage Manage特権で指定した他の人が、新しいコンタクトを追加する権限を持っていることを確認してください。 彼らがcx.rightnow.comに行って自分自身でレコードを作成すると、彼らはあなたの組織に関連付けられず、あなたのサービス要求を見ることができなくなります!


指定されたサービス管理者として、Oracle Cloud Services Configuration Assistantにアクセスするために、My Servicesを通じてOracle Cloud(http://cloud.oracle.com)にログインする必要があります。
Oracle Cloud内には、次の2つのセクションがあります:
1.注文管理(マイ・アカウントセクション。指定されたプライマリーアカウント管理者によるOracle製品スイートの管理に使用されます。

アクセス詳細

マイアカウントログイン資格
URL: https://myaccount.cloud.oracle.com/mycloud/faces/dashboard.jspx
ユーザー名:Oracleアカウントのシングル・サインオン(SSO)ユーザー名
パスワード:OracleアカウントのSSOパスワード

2.指定したサービス管理者が新しいOSvCサービスのタスクを実行するために使用するクラウドアカウント(マイサービス。 クラウド・ポータルのMy Services領域にあるOracle Cloud Services Configuration Assistantのセルフサービスツールを使用すると、OSvC('Oracle RightNow' - RNOW)サイトの管理タスクを完了できます。 これらのツールを使用すると、サービス要求を提出する必要なく、都合の良いときにOracle B2C Service製品の管理タスクを完了することができます。 次のURLとサインイン資格情報が必要です。

アクセス詳細

マイアカウントログイン資格
予備なOracle Cloudの電子メールに提供された次の情報が必要です:データ・センターアイデンティティ・ドメインユーザー名、および一時パスワード - 60日以内に期限が切れる。
Oracle Cloudの電子メールを受信していない場合は、サービス要求を提出していただき、こちらより再送信いたします。

Configuration Assistantにアクセスするには、以下の手順を従って実行してください。

注意:設定アシスタントにアクセスするには、概略に従って手順を実行します。詳細については、 「Service Cloud Configuration Assistantのヘルプを参照してください。
ここでは、Configuration Assistantのセルフサービスツールで実行できるタスクの手順と画面キャプチャを示します。 Configuration Assistantを使用したら、このドキュメントを開いて、実行しようとしているタスクを続行すると便利です。

ステップ1:http://cloud.oracle.comに移動します
ステップ2:サインイン(ご使用のOracleアカウントです)を選択します
ステップ3:これは、クラウドアカウントを持つページに開きます。ここでは、最初のプルダウンメニューでアカウントタイプを「従来のクラウドアカウント」に変更する必要があります。

**次に、下に表示されている[注文管理(マイアカウント)]セクションも表示されます。

ステップ4:[Select Data Center ...]ドロップダウンメニューから、予備のOracle Cloud電子メールで提供されているデータセンターを選択します。
ステップ5:選択:次へ

** 従来のクラウドアカウント (My Services) のOracle Cloudへのサインインページが開きます。

ステップ6:予備のOracle Cloud電子メールで提供されるアイデンティティ・ドメインを入力します
ステップ7:「実行」を選択します
ステップ8:予備のOracle Cloud電子メールで提供されているサービス管理者ログイン資格証明を使用します
ステップ9:新しいパスワードを設定し、パスワードチャレンジ質問に答えます

**注:初めてログインしようとすると、一時パスワードを変更してチャレンジ質問を設定するように促すメッセージが表示されます。 新しいパスワード/質問を保持して、Configuration AssistantMy Servicesの両方にアクセスしてください。

ステップ10:「ログイン」を選択します

** Oracle Cloud My Servicesダッシュボード・ページが開きます。

ステップ11:ステップ11:ボックス内のRNOWサービスインスタンスリンク(またはOSvCサイト名)のサービス名(サブスクリプションIDも表示されます)にカーソルを置き、九クリックします。

** My Servicesダッシュボードが開き、Oracle B2C Service(RNOW)サービスで表示されるサービスパネルが表示されます。

ステップ12:上部のメニューバーで、[Configuration Assistant]を選択します

** Configuration AssistantのOracle Cloudへのサインイン・ページが開きます。

ステップ13:手順9と10で設定したのと同じ資格情報を入力します。

** Oracle B2C Service Configuration Assistantページが開きます。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
プライマリ指定のサービス管理者の場合、Configuration Assistantセルフサービスツールで完了する最初のタスクは、新しいOSvCサイトを作成することです。
サイトを作成する際に、最初のインターフェースも作成されます。 サイトにはインターフェイスが含まれています。 複数のインターフェイスを使用している場合、すべてのインターフェイスは同じサイトの下にあります。

以下を事前に決定することが重要です:
1.サイトの名前。
2.インターフェースの名前。
3.インターフェイスに使用されるタイムゾーン。
4.インターフェイスに適用される言語パック。 **言語パックは変更できないため、これは非常に重要です。

サポートサイトとOracle B2C Serviceのサポートプロセスに関する参照リンクは次のとおりです。

テクニカルサポートホームページ - ビデオとpdfのリンクが利用できる

Oracle B2C Serviceテクニカルサポートサービスガイド

サポートエクスペリエンスブログ

ありがとうございます。
Oracle B2C Serviceサポート

ノート:
 

Lenguajes disponibles para esta Respuesta:

Notificarme
La página se refrescará al enviar. Las entradas pendientes se perderán.